アルギニンで身長伸ばすのは可能?効果と摂取量

アルギニンは子どもの身長を伸ばす効果なし?!摂取の必要なし?!

 

身長を伸ばすサプリメントの成分で「アルギニン」はよく知られています。

 

名前は知ってはいるけど、何なん?

 

本当にアルギニンで身長を伸ばせるの?

 

アルギニンの正体は何なのか、子どもの身長を伸ばす効果にどう作用しているのかを調べてました。

 

アルギニンとはそもそも何?成長期に必要量足りてる?

 

アルギニンとは、ヒトのタンパク質を構成しているアミノ酸の1種です。

 

じゃあ、アミノ酸とは何?ってなりますよね?

 

アミノ酸とは、ヒトの体を構成しているタンパク質の元になるものです。

 

ヒトの体を構成しているアミノ酸は、20種類あり、20種類のアミノ酸が連なって、ヒトの体のタンパク質を構成しています。

 

ヒトの体のタンパク質は、筋肉や内臓だけでなく、骨や髪の毛や爪、血液やホルモンや酵素も形成しているんです。

 

アミノ酸は、必須アミノ酸と非必須アミノ酸があります。

 

これもよく聞きますよね。

 

必須アミノ酸は、体内で合成できないので食事から摂取しないといけないアミノ酸。

 

非必須アミノ酸は、体内で合成できるアミノ酸です。

 

非必須アミノ酸は体内で合成できますが、成長期には合成が追い付かず不足してしまう物があり、準必須アミノ酸に分類されます。

 

必須アミノ酸

準必須アミノ酸

非必須アミノ酸
体内で作り出せない 体内で作り出せるが成長期には不足する 体内で作り出せる
バリン リジン アルギニン アスパラギン
ロイシン ヒスチジン グルタミン アスパラギン酸
イソロイシン スレオニン システイン アラニン
フェニルアラニン チロシン グリシン
メチオニン グルタミン酸
トリプトファン セリン
プロリン

 

アルギニンは準必須アミノ酸に分類されているので、食事から摂らないと不足してしまうアミノ酸なのです。

 

非必須アミノ酸は体内で合成されますが、コンビニ食やジャンクフードなどの利用で栄養に偏りがあったり、寝不足や疲れ、加齢などでも不足してしまいます。

 

必須、非必須に関係なくバランスのとれた食生活、規則正しい生活が必要です。

 

 

アルギニンを摂取したら成長期の子どもの身長にどのような効果がある?

 

成長期の子供はアルギニンの合成が追いつかないので口から食事で摂らないといけない事が分かりました。

 

身長が伸び、体が一気に大きくなる中学生、高校生には必須のアミノ酸なんですね。

 

じゃあ、アルギニンが不足したらどうなる?

 

成長期の子供の身長が伸びる事にどう関係があるのでしょうか?

 

 

アルギニンは、脳下垂体に作用して、成長ホルモンの分泌を促す働きをします。

 

脳下垂体は成長ホルモンを分泌して肝臓でソマトメジンCを作るように指令を出します。

 

ソマトメジンCは成長期の子供の骨に存在する骨端線の骨芽細胞を活性化させる働きがあります。

 

身長を伸ばすのは骨端線で増殖した軟骨が伸びるんです。

 

身長を伸ばしたい成長期の子供にとって、成長ホルモンの分泌量は将来の最終身長に大きく関係してきますね。

 

成長ホルモンを目いっぱい出す為には、アルギニンが不足しないようにしないといけません。

 

アルギニンを多く含む食べ物は何がある?

 

アルギニンを多く含む食品は、魚介類、大豆・大豆製品、肉類等です。

食 品 100gあたりのアルギニン量(g)
豚ゼラチン 7.9
大豆たんぱく 7
湯葉(干し) 4.4
かつお節 4
高野豆腐 4.2
きなこ 3
落花生 3
しらす干し 2.5
そらまめ 2.4
アーモンド 2.1
鶏胸肉 1.5
牛肉 1.3
きはだマグロ 1.3

 


1日の摂取目安は4,000mg。

 

結構な量になるので、脂質が多い食材を選ぶとカロリーが気になりますよね。

 

魚介類、大豆たんぱくがおすすめです。

 

そんなに量が食べられない小食の子どもにはサプリメントが手軽ですね。

 

アルギニン高配合サプリはアスミールがおすすめです♪

 

アルギニン,身長伸ばす,効果

page top