チーズはカルシウム豊富食品!子どもの成長期に手軽に摂れる!

チーズはカルシウム豊富食品で成長期に手軽に摂れるが塩分に注意!

カルシウム,小学生,チーズ,身長

骨を作るのはタンパク質ですが、密度のある堅く丈夫な骨にするのはカルシウムです。

 

せっかく骨が伸びても中身がスカスカだったら・・・うちの子ども達はお兄ちゃんは野球、弟はサッカーをしているのですが骨折は絶対やめてほしいです。

 

活躍しているチームメイトをベンチで応援するだけなんて、絶対くやしいに決まってる。

 

 

背が伸びてる時は大人以上のカルシウムが必要になるんですが、出来るだけ手っ取り早く摂れたら有難いですよねー。

 

牛乳は手軽で安価で吸収量も多くて優秀な食品なんですが、チーズもすごい事が分かりました!!

 

チーズはカロリーや塩分が気になるところなんですが、カルシウムの量にビックリしました。

 

カルシウムの量だけでなく、タンパク質が2倍~10倍以上の物も!

 

詳しく表にしてみましたよ。

 

100gあたり

 

ナチュラルチーズ

 

プロセスチーズ

 

牛乳

 

 

パルメザン

クリーム

カッテージ

カルシウム(mg)

1300

98

55

630

110

タンパク質(g)

44

8.2

13.3

22.7

3.3

食塩相当量(g)

3.8

0.7

1.0

2.8

0.1

エネルギー(kcal)

475

346

105

339

67

 

 

 

パルメザンチーズのカルシウム量がすごい!!

 

牛乳の10倍以上。

 

ただし、カロリーも塩分もありますね~。

 

特にナチュラルチーズは熟成されたチーズ程保存の為に塩分が多く使われています。

 

ナチュラルチーズとプロセスチーズ、よく聞くし何となく分かる気がするけど、調べてみましたよ。

 

ナチュラルチーズは乳酸菌が生きていて発酵し続けているチーズ。

 

熟成が楽しめますが、日持ちしない。

 

カマンベールやモッツァレア、パルメザン、ブルーチーズなどたくさんの種類があります。

 

   カルシウム,小学生,チーズ,身長

 

 

 

プロセスチーズは1種類か何種類かのナチュラルチーズを加熱して1回溶かして固めたチーズです。

 

菌が熱で不活化されているので熟成はしないけれど、日持ちが良く、形も変えられます。

 

キャンディーチーズやスライスチーズなんかがプロセスチーズですね。

 

  カルシウム,小学生,チーズ,身長カルシウム,小学生,チーズ,身長

 

 

100gという量がイメージしにくいと思いますが、三角のが6個入っているチーズありますよね。
   カルシウム,小学生,チーズ,身長

 

中の1個が18gです。6個全部食べたら108gです。

 

1個って意外とちょっとですね。6個全部食べられる量でもありますね。

 

でも塩分を相当摂る事になります。

 

 

厚生労働省が出した、年齢別の1日に塩分はこれぐらいにしといてねっていう摂取量の基準があります。

 

カルシウム,小学生,チーズ,身長

 

小さじ1が5gです。

 

小学生が100gプロセスチーズを食べたら1日のカルシウム量がほぼ摂れますが、塩分は1日の半分の量をいってます。

 

低カロリーとか、塩分控えめ、とかいろんな商品があるので、毎日食べるならそういうのを選んだ方がいいですね。

 

カルシウムを必要な分だけ摂取するにはサプリメントも良いですね。


page top