骨端線(成長線)って何?骨はどこが大きくなる?

骨端線(成長線)とは?成長期の子どもの骨はどこが伸びる?

成長 前後

 

背が伸びるってことは、骨が成長してそれと伴って筋肉や血管も成長し、身長が高くなっていきますよね。

 

じゃあ骨ってどこがどうやって伸びていくんでしょうか?

 

 

骨がどのようにして大きくなっていくかを知る事で、子どもの身長を伸ばす対策が出来そうですよ♪

 

 

骨が伸びていくメカニズムを調べてみました。

 

 

成長期の子どもにしかない骨端線というものがある!

 

子どもの身長が平均身長より低いのが心配で調べていたら出てきた「骨端線」という言葉、知りませんでした。

 

骨端線は成長線とも呼ばれていて、成長期の子どもの骨の端の方にあります。

 

骨端線 レントゲン

 

骨が割れているような、折れてるような、空間があるように見える部分が骨端線です。

 

すき間があるように見えますが軟骨が存在します。

 

軟骨が骨と骨に挟まれている状態で、軟骨が骨と骨を繋いでます。

 

 

軟骨だけど細胞分裂をして増殖する機能を持ってるんです。

 

 

骨端線でどんどん軟骨細胞が増殖し、押された軟骨細胞が骨の方に近づくと、骨の血管が入り込み、石灰化して骨になります。

 

これを繰り返して骨は伸びていきます。

 

 

骨端線がなくなると身長は止まってしまう?

 

骨が伸びるという事は骨端線が伸びていくという事なので、骨端線がなくなればもう背が伸びる事はありません。

 

 

大人の骨になると骨端線はなくなり、全部白いしっかりした骨になります。

 

子どもの骨のレントゲンを見ると軟骨は写らないので、すき間だらけの骨組みに見え、大人の骨のレントゲン写真では、すき間がなく、白くしっかりした骨がはっきりと写ります。

 

骨端線 レントゲン 子ども

 

子どもの手

 

骨端線 レントゲン 大人

 

大人の手

 

全ての骨端線が閉じてしまうと骨はもう伸びないんですね。

 

 

骨端線が残っている間に骨を伸ばす努力をしないと手遅れになってしまうという事です。

 

 

骨端線は何歳まである?

 

骨端線がなくなるのはだいたい17歳~18歳あたりです。

 

まれに25歳ぐらいまで残っている人もいるそうですが、ほとんどは思春期の終わりごろである17歳前後という事です。

 

 

骨端線が閉じてしまったら再び骨端線が現れる事はありません。

 

骨端線が存在しているうちに出来るだけ骨端線に働きかける生活をするべきですね。

 

 

ボーンペップとカルシウムを一緒に摂る事でラットの骨が他のエサを食べたラットと比べて明らかに骨が伸びたという実験結果にあるように、ボーンペップは骨端線で新しく骨を作ろうとする骨芽細胞に働いて細胞分裂を活性化させます。

 

 

なので、成長サプリでボーンペップが1番多く入っているノビルンをおすすめしますよ♪

page top